暮らしの空気環境に対して、
私たちには責任があります。

私たちは、人に寄り添う企業として、オンリーワンの価値を提供します。
1941年の創業以来、“ものづくり”にこだわり続け、1973年には、念願の自社製品となる
レンジフードの開発・製造に着手。日本ナンバーワンのシェアをいただくまでに成長しました。
次なるステージへ向けて、海外で長年育んできたブランド“FUJIOH”を、コーポレートブランドに進化させ国内外へ展開。グローバルオンリーワンのブランドを目指してまいります。

「空気を変え、環境を変え、明日を豊かに変えていく」

そのために、自ら変化を起こし、さらなる高みへ挑み続ける。“FUJIOH”は、快適環境づくりの頂点を追求する、日本発のトップメーカーとしての誇りを表したブランドです。

FUJIOH vision 「空気を変え、環境を変え、
明日を豊かに変えていく。」

私たちには、レンジフードのリーディングカンパニーとしての誇りと責任があります。
私たちは「本物の快適さ」を提供するために、人に寄り添う企業を目指します。

私たちの原点であるレンジフードを極め「空気」を入り口に、
これからは新たな事業で「環境」にまで挑戦していきます。
「変える、変える、変えていく」は、自ら変化に挑む決意表明です。
私たちは、Japan Qualityに加え、人や社会が求める本当に必要な心地よさや便利さが実
感できる「本物の快適さ」を、様々なソリューションで提供していくことを約束します。

「人の暮らしや社会に、本物の快適さを提案し続ける」ことで、
お客様、そして私たち自らも「明日を豊かに変えていく」。
ブランドコンセプトには、そんな想いが込められています。

FUJIOH history 暮らしのニーズに応えること、
それが私たちの進化の歴史。

history

キッチンの歴史、レンジフードの歴史とともに歩んできた私たち富士工業。
時代が求めるニーズに敏感に反応し、新しい製品を作り続けてきました。さらにこの先、暮らしの空気環境を守る、という視点から新たなチャレンジを始めます。

FUJIOH craftsmanship 空気環境は常に変化する、
だから私たちの技術・設備は常に進化する。

自社一貫生産体制

富士工業が誇る自社一貫体制

製品の研究・開発から、生産、販売、そしてメンテナンスまで。富士工業では製品に関わる全てを納得できる品質でお届けするために、自社一貫体制を整えています。そのためお客様の新しいニーズに対して即座にレスポンスができ、また現場での柔軟な対応も可能にしています。

進化する技術から生まれた 「栄作工房」

レンジフードづくりで培った精密で美しい金属加工技術をさらに追求することで生まれたのが、特殊技術部門の「栄作工房」です。卓越した加工技術により金属という素材の可能性を無限に引き出し新しい提案を行っています。プレス・板金・溶接といった金属加工の基盤技術をベースに、ニーズを先取りした新しい発想で、商業用建材を中心にお客様の自由な発想をカタチにします。

FUJIOH manpower 一人ひとりの成長が、
富士工業の実績・信頼・未来を育む。

manpower

BEYOND THE RANGE

私たちFUJIOHは、自らの限界を超えていきます。既成概念を超え、事業領域を超え、革新的なものづくりを通して世界の暮らしに本物の快適さを届けます。
Japan Qualityの誇りをもち、人に寄り添う企業姿勢のもと、社員一人ひとりが変化に挑みつづけることで、空気を変え、環境を変え、明日を豊かに変えていきます。

FUJIOH social good すべての人々や環境に感謝を込めて
Social Goodに積極的に取り組んでいます。

Social Good

富士工業では、お取引先様、地域、社員、環境に向けて積極的にSocial Goodに取り組んでいます。例えば、お取引先様には公平、公正、公明なお取引と常にパートナーシップを意識した真摯な対応を心がけております。また、環境にはできるだけ負荷をかけないように、廃棄物を再資源化するリサイクルを中心に、地域社会に対しては清掃ボランティアや夏祭り・秋祭りなど企業市民として地域に密着した貢献を末長く続けております。