レイアウトの幅が
広がる新スタイル

IHクッキングヒーター専用
室内循環フード

※脱煙機能を備えた
IHクッキングヒーター限定

この製品のお取り扱いにつきましては、
ご使用上の注意をよくお読みいただき、
ご注文の際は確認書へのご署名、及びご送付が
必要となります。

室内循環フードとは

レイアウトの幅が広がる新スタイル

換気型のレンジフードは、
調理時の汚れた空気を屋外に排出するものでした。
室内循環フードなら、汚れた空気をろ過して
キレイな空気にし室内に戻します。
お部屋の快適な空気はそのままで油煙やニオイだけキャッチ。あなたのキッチンのレイアウトも、思いのまま。

交換フィルター

※ 交換目安はご利用の環境により異なります。

SEK
一般社団法人
繊維評価技術協議会
認証番号006B98

制菌加工(繊維上の細菌の繁殖を抑制します。)

試験方法(菌液吸収法)

剤名:
有機系(ピリチオン系化合物)
制菌フィルター部に
東レ MAKSPEC®使用

脱煙フィルターにはSEK基準の「制菌加工」の認証を得た素材を使用しています。

SEK基準とは「一般社団法人繊維評価技術協議会」で統一された試験方法および評価基準です。

室内循環フードのメリット

目指したのはもっと自由で快適な暮らし。

Before

  • ■隣家にニオイを排気してしまう。
  • ■外壁が汚れる。
  • ■せっかく空調しても空気が排出されてしまう。
  • ■花粉や汚れた空気が入ってしまう。
  • ■自由なレイアウトができない。

■気圧の差で扉がなかなか開かない。
急に扉が閉まる。

After

eco

空調エネルギーが節約できます。

【東京地域】年間でCO2を263㎏削減することができます。
(電気代に換算すると年間約12,900円の削減)

※電気代単価:27円/kWh(税込)
※当社計算値。東京地域においての算出。
実際のご使用環境とは異なる場合がございます。

flexibility

レイアウトの幅が広がります。

ダクト配管の制約がなくなるため、アイデア次第で今までにないレイアウトが可能になります。

  • 花粉や外の汚れた
    空気が入ってきません。

    外気を取り入れることなく調理時の空気をろ過するので、花粉や屋外の汚れた空気を室内に取り入れることがありません。

  • 外壁を汚しません。

    排気穴を開ける必要がないので外壁の美観を損ないません。

  • 隣家への
    ニオイ対策に。

    屋外に排気しないので、近接する隣家へのニオイによる迷惑をかけません。

  • 暑さ、寒さが軽減。

    夏の暑い外気、冬の寒い外気を取り入れることなく、キッチンの環境が快適になります。

  • 「扉が開かない」
    「隙間風が寒い…」
    そんな悩みを解決!

    室内と室外の気圧差がなくなるため、扉がなかなか開かなくなったり、急に閉まるといった現象がなくなります。

※ 補助換気機能をご使用の場合、効果が異なります。
※ 実際の効果は使用環境により異なる場合がございます。

製品ラインアップ

室内循環フード

製品ラインアップ

i-Drop方式

吸い込んだ油煙の油脂分を誘導カートリッジ内の凹凸で捕らえ、レンジフード内部の油煙の拡散を防ぎます。
さらに通過した油煙をファンシクリーン仕上げによるファンの遠心力で分離、ケーシング内面を経由してオイルパックに回収します。
誘導カートリッジを引き出せるのでレンジフード内部のお手入れは、より楽に行えます。

製品ラインアップ

補助換気機能付きフード

室内循環フードに補助換気を装備した補助換気機能付きフード。

状況に応じて、室内循環と室外への排気を切り替えられるハイブリッドタイプ。

こんなときに・・・

  • ●キッチンが少し暑いと感じた時。
  • ●タバコの煙を室外に換気(分煙)したい時。

※リビングを含む住居の換気用としても使用可能です。

  1. 室内循環フードに吸い込まれた油煙は、スロットフィルタで油を捕集します。
  2. を通り抜けた油煙は油吸着フィルター→ 脱煙フィルター→ 脱臭フィルター→エアフィルターの4層のフィルターにより油、煙、ニオイが取り除かれます。
  3. キレイな空気にろ過し、ろ過されたキレイな空気を室内に戻します。

補助換気機能付き室内循環フードは別売のレジューサーを使用することでダクトをΦ150からΦ100に変換できます。Φ100で配管できるので天井裏の配管スペースを小さくすることができます。

※レジューサーは一般レンジフードには使用できません。

※Φ100ダクトを使用する場合は直管相当長10m以下に限ります。

製品ラインアップ

ご使用上の注意/
確認書ダウンロード

「IHクッキングヒーター専用 室内循環フード」を
安心してお使いいただくために

  1. 安全上のご注意

    • ・本製品はIHクッキングヒーター専用 室内循環フードです。
      ガスコンロ等の燃焼機器には使用できません。

    本製品は補助換気機能付きの製品を除き屋外への排気(換気)を行いません。ガスコンロ等の燃焼機器をご使用になると室内酸素濃度の低下により不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒により最悪の場合死亡事故に至る恐れがあります。
    また、カセットコンロ、ガスファンヒーター、石油ストーブ等の燃焼機器を使用 する場合は、必ず別途換気を行ってください。

  2. 取り付け上のお願い

    1. リフォームで換気型のレンジフードから交換される際の注意事項
      • ・給湯器の換気をレンジフードで行っていた場合は、別途用途にあった換気設備が必要となります。適切な換気がされない場合、室内酸素濃度の低下により不完全燃焼が起こり、一酸化炭素中毒により最悪の場合死亡事故に至る恐れがあります。
      • ・建築基準法で定められている24時間換気をレンジフードで行っていた場合は、別途用途にあった換気設備が必要となります。適切な換気がなされない場合、シックハウス症候群の原因となる化学物質等を有効に排出することができなくなります。
    2. 本製品は補助換気機能付きの製品を除き屋外への排気(換気)をしません。備え付けのIHクッキングヒーター以外の燃焼機器を使用するには、キッチン全体の換気のため、別の換気設備が必要です。
    3. 本製品と可燃物との間は100mm以上離すか、不燃材料を使用して可燃物を覆ってください。
      詳しくは所轄の消防署に問い合わせてください。
    4. IHクッキングヒーターの幅は本製品の幅以内のものをご使用ください。
    5. 本製品はIHクッキングヒーターの真上に取り付けてください。尚、製品取り付け高さは、取付説明書の指示に従い正しく取り付けを行ってください。
    6. 湯沸器がある場合には本製品から500mm以上離してください。本製品の下部には湯沸器を絶対に取り付けないでください。製品の損傷や高熱による故障の原因となります。
    7. 躯体補強
      製品質量が約38.5~58kgですので十分に耐えうる補強をしてください。壁材が薄く弱いと振動・落下の原因になることがあります。(DDHL-RK、ALBL-RKは除く)
  3. 使用上のお願い

    1. IHクッキングヒーターを使用するときは、必ず本製品を運転してください。
      運転しないと製品内の温度が上がり、製品の損傷や高熱による故障の原因となります。
    2. IHクッキングヒーターの空焚きは絶対にしないでください。
      製品の損傷や高熱による故障の原因となります。
    3. 本製品の吹出口をふさがないでください。
      吹出口がふさがれると吸い込み不良が発生します。
    4. エアコンの風が直接あたらないようにしてください。
      風を受けると、吸い込み性能が悪くなります。壁がないオープンな場所では特に本製品から油煙が漏れやすくなります。
    5. キッチンの室温が低いときに使用された場合には本製品の表面が結露することがあります。結露した場合は拭き取ってご使用してください。
    6. 本製品は、多量の煙が発生する調理を行った場合、一時的に室内へ煙が充満することがありますので窓を開ける、補助換気機能付きの製品の場合は換気モードにするなど、換気を行ってください。
      また、グリル(ロースター)をご使用の場合には、脱煙機能を備えたIHクッキングヒーターをご使用ください。
    7. 長時間の煮炊きをした場合、室温、湿度が上昇することがありますので窓を開ける、補助換気機能付きの製品の場合は換気モードにするなど、換気を行ってください。
    8. 本製品には、室内循環フード専用の油吸着・脱煙・脱臭・エアフィルターの4種類のフィルターが搭載されております。それらを取りはずした状態で使用しないでください。取りはずしたまま使用したり、長期間交換しないで使用しつづけると油、煙、臭いが吸着・除去できずに室内に放出されてしまいます。ただし、フィルター交換・回収・処分は当社が指定した専門の技術スタッフが行いますので、お客様ご自身では行わないでください。
    9. 調理時に発生する臭いは食材・調理方法によっては取り除けない場合があります。
    10. 新築に設置する場合、今後のリフォーム等で換気型のレンジフードに交換できない場合があります。
  4. フィルターメンテナンス

    1. 脱煙/脱臭/エアフィルターは定期的なメンテナンス(約3年)が必要となります。
    2. フィルターメンテナンス周期
      ※メンテナンス周期はご利用の環境により異なります。
      ●脱煙/脱臭/エアフィルター  約3年
      ●油吸着フィルター      約12年
    3. フィルターメンテナンスが滞ったときの影響
      油吸着、脱煙、脱臭性能が落ちる恐れがあります。
    4. フィルター交換・回収・処分は下記理由により当社が指定した専門の技術スタッフが行います。
      ①フィルターが重く、設置場所が高い(DDHL-RK、ALBL-RKは除く)
      ②油吸着フィルターの清掃
      ③本製品点検(動作確認)の実施
      ※IHクッキングヒーターのメンテナンスはできません。

ご使用になられるお客様には、使用上の注意を確認していただき、十分にご理解いただいた上で、
下記確認書に署名捺印及び、住所、連絡先等を記入しFAXまたは郵送でお送りください。

送付先

FAXの場合
042-756-9575
郵送の場合
〒252-0206 神奈川県相模原市
中央区淵野辺2-1-9
富士工業販売株式会社
営業本部 営業管理部 行

使用上のご注意を最後までお読みいただき「同意して閉じる」ボタンをクリックしてください。

この製品のお取り扱いにつきましては、ご使用上の注意をよくお読みいただき、
ご注文の際は確認書へのご署名、及びご送付が必要となります。

「IHクッキングヒーター専用 室内循環フード」を
安心してお使いいただくために

  1. 安全上のご注意

    • ・本製品はIHクッキングヒーター専用 室内循環フードです。
      ガスコンロ等の燃焼機器には使用できません。

    本製品は補助換気機能付きの製品を除き屋外への排気(換気)を行いません。ガスコンロ等の燃焼機器をご使用になると室内酸素濃度の低下により不完全燃焼を起こし、一酸化炭素中毒により最悪の場合死亡事故に至る恐れがあります。
    また、カセットコンロ、ガスファンヒーター、石油ストーブ等の燃焼機器を使用 する場合は、必ず別途換気を行ってください。

  2. 取り付け上のお願い

    1. リフォームで換気型のレンジフードから交換される際の注意事項
      • ・給湯器の換気をレンジフードで行っていた場合は、別途用途にあった換気設備が必要となります。適切な換気がされない場合、室内酸素濃度の低下により不完全燃焼が起こり、一酸化炭素中毒により最悪の場合死亡事故に至る恐れがあります。
      • ・建築基準法で定められている24時間換気をレンジフードで行っていた場合は、別途用途にあった換気設備が必要となります。適切な換気がなされない場合、シックハウス症候群の原因となる化学物質等を有効に排出することができなくなります。
    2. 本製品は補助換気機能付きの製品を除き屋外への排気(換気)をしません。備え付けのIHクッキングヒーター以外の燃焼機器を使用するには、キッチン全体の換気のため、別の換気設備が必要です。
    3. 本製品と可燃物との間は100mm以上離すか、不燃材料を使用して可燃物を覆ってください。
      詳しくは所轄の消防署に問い合わせてください。
    4. IHクッキングヒーターの幅は本製品の幅以内のものをご使用ください。
    5. 本製品はIHクッキングヒーターの真上に取り付けてください。尚、製品取り付け高さは、取付説明書の指示に従い正しく取り付けを行ってください。
    6. 湯沸器がある場合には本製品から500mm以上離してください。本製品の下部には湯沸器を絶対に取り付けないでください。製品の損傷や高熱による故障の原因となります。
    7. 躯体補強
      製品質量が約38.5~58kgですので十分に耐えうる補強をしてください。壁材が薄く弱いと振動・落下の原因になることがあります。(DDHL-RK、ALBL-RKは除く)
  3. 使用上のお願い

    1. IHクッキングヒーターを使用するときは、必ず本製品を運転してください。
      運転しないと製品内の温度が上がり、製品の損傷や高熱による故障の原因となります。
    2. IHクッキングヒーターの空焚きは絶対にしないでください。
      製品の損傷や高熱による故障の原因となります。
    3. 本製品の吹出口をふさがないでください。
      吹出口がふさがれると吸い込み不良が発生します。
    4. エアコンの風が直接あたらないようにしてください。
      風を受けると、吸い込み性能が悪くなります。壁がないオープンな場所では特に本製品から油煙が漏れやすくなります。
    5. キッチンの室温が低いときに使用された場合には本製品の表面が結露することがあります。結露した場合は拭き取ってご使用してください。
    6. 本製品は、多量の煙が発生する調理を行った場合、一時的に室内へ煙が充満することがありますので窓を開ける、補助換気機能付きの製品の場合は換気モードにするなど、換気を行ってください。
      また、グリル(ロースター)をご使用の場合には、脱煙機能を備えたIHクッキングヒーターをご使用ください。
    7. 長時間の煮炊きをした場合、室温、湿度が上昇することがありますので窓を開ける、補助換気機能付きの製品の場合は換気モードにするなど、換気を行ってください。
    8. 本製品には、室内循環フード専用の油吸着・脱煙・脱臭・エアフィルターの4種類のフィルターが搭載されております。それらを取りはずした状態で使用しないでください。取りはずしたまま使用したり、長期間交換しないで使用しつづけると油、煙、臭いが吸着・除去できずに室内に放出されてしまいます。ただし、フィルター交換・回収・処分は当社が指定した専門の技術スタッフが行いますので、お客様ご自身では行わないでください。
    9. 調理時に発生する臭いは食材・調理方法によっては取り除けない場合があります。
    10. 新築に設置する場合、今後のリフォーム等で換気型のレンジフードに交換できない場合があります。
  4. フィルターメンテナンス

    1. 脱煙/脱臭/エアフィルターは定期的なメンテナンス(約3年)が必要となります。
    2. フィルターメンテナンス周期
      ※メンテナンス周期はご利用の環境により異なります。
      ●脱煙/脱臭/エアフィルター  約3年
      ●油吸着フィルター      約12年
    3. フィルターメンテナンスが滞ったときの影響
      油吸着、脱煙、脱臭性能が落ちる恐れがあります。
    4. フィルター交換・回収・処分は下記理由により当社が指定した専門の技術スタッフが行います。
      ①フィルターが重く、設置場所が高い(DDHL-RK、ALBL-RKは除く)
      ②油吸着フィルターの清掃
      ③本製品点検(動作確認)の実施
      ※IHクッキングヒーターのメンテナンスはできません。

ご使用になられるお客様には、使用上の注意を確認していただき、十分にご理解いただいた上で、
下記確認書に署名捺印及び、住所、連絡先等を記入しFAXまたは郵送でお送りください。

送付先

FAXの場合
042-756-9575
郵送の場合
〒252-0206 神奈川県相模原市
中央区淵野辺2-1-9
富士工業販売株式会社
営業本部 営業管理部 行