FUJIOH

換気の喚起

今、『換気』の大切さが
非常に注目されています。
新型コロナウイルスの集団感染の共通点として、
「換気の悪いところ」、「人が密に集まって過ごす空間」など、
空気をキレイに保つ必要性が挙げられているからです。
私たちは、今一度、換気のメカニズムに着目し、
室内の汚れた空気を、「短時間で」新鮮な外気と
入れ替える手段として、キッチンの換気扇・レンジフードを利用した
効果的な換気方法のシミュレーションを行いました。

換気と感染対策

換気と感染対策
自然換気

換気とは、室内の汚れた空気と新鮮な外気を入れ換えることです。
感染対策を考える場合、感染者からの飛沫は、ある一定時間、空気中を漂うと言われています。そのため、感染リスク低減には換気が有効なのです。

  • 通常、家庭用エアコンでは空気を循環する仕組みのため、換気を行っていません。
  • 2003年7月以降に建てられた住宅では、有害な物質を低減するために、必要な換気量を満たす24時間換気設備の設置が義務づけられています。
  • 有害な物質とは、代表的なものとして二酸化炭素、一酸化炭素、花粉やPM2.5などの浮遊粉塵 (10µm 以下)、ホルムアルデヒドなどがあります。

2つの換気方法『自然換気』と『機械換気』

2つの換気方法『自然換気』と『機械換気』
自然換気

換気には、大きく2通りあります。

  • 窓を開けて行う
    『自然換気』
  • ファンなどを用いて行う
    『機械換気』

住宅で機械換気を行う場合は、キッチンの換気扇・レンジフードを用いると効果的です。

一般的な『自然換気』

換気は、『風の入口』、『風の通り道』、『風の出口』が重要になります。
入口があっても出口が無かったり、逆に出口だけあっても効果的に換気することはできません。部屋全体に風が通るように、2ヵ所の窓を開けるようにしましょう。

自然換気

レンジフードを利用した『機械換気』

キッチンの換気扇・レンジフードを利用すると、短時間で効果的に換気できます。
風がない場合や、横からの風で正面から風が入ってこない場合は特に効果的です。

リビングとキッチンの
換気をシミュレーション

シミュレーション算出条件
  • レンジフードの排気風量は420㎥/hとする。
  • 外風条件は右から左へ1m/sとする。
  • 24時間換気は実施しないものとする。
  • 室内の空気が80%入れ替わる換気時間の差を効果とする。

効果的な換気のススメ

効果的な換気のススメ

外を気にせず窓を開けられる時は、窓を開ける『自然換気』が基本です。
でも、キッチンの換気扇・レンジフードで空気の流れをアシストしてあげれば、さらに効果がアップして短時間での換気が可能になります。

効果的な換気のススメ

換気とは、空気を入れ換えるだけじゃない。
新しい空気によって、気持ちも、毎日も新しくします。

空気環境改善のプロとして『FUJIOH』は、
「~空気を変え、環境を変え、明日を豊かに変えていく~」
を目指すビジョンに掲げて、
日々、新たな環境づくりに挑戦しています。

すべては、人の暮らしや社会に本物の快適さを提案し続けるために。
さぁ、今日も、新鮮な明日に向かって、換気をしましょう。