トップ 会社情報 富士工業グループ コンプライアンス基本方針

富士工業グループ コンプライアンス基本方針

   

1.基本方針

  • (1)法令等の遵守に基づく事業活動の推進
    私たちは、健全な事業活動を行うために法令・社内規則などのルールを理解し、これを遵守します。
  • (2)良識ある行動の実践
    私たちは、守るべきモラル・マナーを理解し、社会的責任を果たします。

2.会社とお客様との関係

  • (3)信頼性の高い製品、サービスの提供
    私たちは、品質管理の徹底により、お客様に信頼いただける製品・サービスの提供に努めます。お客様からのご意見、ご要望をフィードバックすることで、より良い製品やサービスの開発につなげていきます。
  • (4)責任ある業務遂行
    私たちは、お客様との契約について責任を持って遂行し、顧客満足度の向上に努めます。
  • (5)誠実なマーケティング
    私たちは、誠実に広告や販売促進、社外への情報発信を行います。

3.会社と協力会社様との関係

  • (6)公正な調達活動
    私たちは、業務委託・調達物品の購入など協力会社様との取引について、富士工業グループの調達方針に従い、公平、公正、公明な調達活動に取り組みます。

    【富士工業グループ 調達方針(理念)】
    1. 私たちは、品質、価格、納期、サービスにおいて最も競争力のあるお取引先から調達します。
    2. 私たちは、継続的に安定した供給が可能な経営基盤を持つお取引先から調達します。
    3. 私たちは、法令、社会規範を遵守し、環境に責任の持てるお取引先から調達します。
    4. 私たちは、「公平、公正、公明」を旨とし、真のパートナーシップを築けるお取引先から調達します。

公平、公正、公明とは

公平 お取引先に対して機会均等に接すること 過去の経緯にとらわれず、新たに国内外の企業に広く門戸を開き、取引の機会均等と自由な競争を尊重します。
公正 定められた方針や手順に従って購買業務を行うこと お取引先の選定、評価にあたっては経済合理性を重視しつつ、品質、納期、技術力、信頼性、安全性、サービス、改善意欲など総合的見地から判断します。
公明 透明性を保つこと 購買の基本方針、購買情報、生産計画、購買手続きについて透明性を確保します。また、必要に応じては評価結果、採用、不採用の理由を開示します。
  • (7)委託業務の責任ある管理
    私たちは、お客様から発注された業務を取引先に委託する場合、適切な指導と管理を行い、元請けとしての責任を果たします。
  • (8)透明性のある関係維持
    私たちは、お客様やお取引先との間で過剰な接待・贈答の提供または受領は致しません。

4.会社と従業員の関係

  • (9)健全な職場・労働環境の徹底
    私たちは、すべての従業員が持っている力を発揮し安心して働けるよう、安全かつ衛生的な職場環境をつくり、従業員が満足し働きがいのある労働環境の維持改善に努めます。
  • (10)人権の尊重と差別の禁止
    私たちは、誰にでも公平かつ公正に接し、各自の人権を尊重し、差別に値する行為は一切行いません。
  • (11)ハラスメントの禁止
    私たちは、ハラスメントのない、安心できる職場環境をつくります。

5.会社と社会の関係

  • (12)反社会勢力との関係拒絶
    私たちは、反社会的勢力と一切関係を持ちません。
  • (13)地域の皆様との良好な関係の維持
    私たちは、事業活動において地域の皆様にご迷惑をおかけすることのないように努め、良好なコミュニケーションや信頼関係が維持できるよう取り組みます。
  • (14)環境に配慮した事業活動
    私たちは、富士工業グループの環境方針に基づき行動します。

6.会社の会計管理

  • (15)適正な会計・税務管理
    私たちは、法令や社内規則などのルールに従い、正確かつ適正な会計・税務管理を行います。

7.会社の知的財産

  • (16)知的財産の保護と活用
    私たちは、知的財産の重要性を理解し、その権利の保護と活用により事業活動を行うとともに、他者の知的財産について尊重します。

8.機密情報の管理

  • (17)機密情報の管理徹底
    私たちは、事業活動で入手したお客様や取引先の機密情報を適切に管理し、社内外への情報漏洩を徹底して防ぎます。
  • (18)個人情報の管理徹底
    私たちは、富士工業グループのプライバシーポリシーに基づき、お客様の個人情報を適切に管理し、社内外への情報漏洩を徹底して防ぎます。